2018年7月6日

SNOWBANK PAY IT FORWARD in ちば

100万人に一人の血液の難病、慢性活動性EBウイルス感染症を患い、骨髄移植によりこの難病を克服したプロスノーボーダー荒井DAZE善正が理事長を務める一般社団法人SNOWBANKが、SURF JAMに初参加。

SNOWBANKは2011年より代々木公園に東京の初雪を降らせ、スノーボードの大会を開催し、若年層を中心に、献血・骨髄バンクの普及啓蒙を行う団体。

今回は、
DAZE氏の闘病時代に経験した、『ただ生きる』ではなく『活きる。』というキーワードに骨髄バンクや献血の必要性を伝えるトークショーを始め、実際に骨髄バンクの説明員資格を持った説明員の方々が、骨髄バンクに対する疑問質問に答えてくれる説明会ブースも登場。

また子供でも楽しめるトランポリンワークショップや、SNOWBANKグッズの物販ブースもあり、大人も子供も楽しめるブースとなっております。

荒井DAZE善正

プロスノーボーダー。2007年に100万人に1人の血液の難病『慢性活動性EBウィルス感染症』と診断され、余命宣告を受ける。助かる唯一の方法は「骨髄移植」。過酷な闘病中での気づいた想いと救われた命。もう一度スノーボードがしたいという強い想いと仲間達の支え。そして、命を救ってくれた骨髄ドナーとの巡り会いで無事移植も成功しプロスノーボーダーとして復帰をはたした。1人でも多くの人に自分の命を繋いでくれた「骨髄バンク」と「活きる」意味を伝えたい。感謝の気持ちを“PAY BACK”するのではなく“PAY FORWARD”していく為「SNOWBANK」を立ち上げる。
https://www.kouenirai.com/profile/8228


 
 

●東京雪祭2018 SNOWBANK PAI IT FORWARD イベントページ
http://sbpif.net

●一般社団法人SNOWBANK 公式ページ
http://snowbank.jp